otoginotehodoki@gmail.com

おとぎのてほどき

モダンなおとぎの世界へ誘う朗読舞踊歌劇団

おとぎのてほどき6話


公演概要

 

公演名: おとぎのてほどき6話 ゲスト: 影野わかば

公演日時: 2017年2月1日(水)

会場: 新宿カールモール

演目: キャバレー桃太郎 ~節分だよ!鬼退治!~

ライブ&トーク: Black songs vs White songs

キャバレー桃太郎 ~節分だよ!鬼退治!~

 

<登場人物>

桃から生まれ、おばあさんからガールズバーの経営を引き継いだ桃太郎/猪股桃絵

ギャンブル依存症の犬/影野わかば

躁うつ病の猿・おじいさん/センチメンタル岡田

アルコール中毒のきじ・おばあさん/高橋絵実

語り・きびだんごGメン/蓮理

 

<あらすじ>

新宿の片隅でガールズバーを経営するおじいさんとおばあさんは、ある日、桃を拾う。切ってみると、首筋に桃の刻印のある艶めかしい女の子が出てきた。

女の子は「桃太郎」と名付けられ、やがてガールズバーの経営を引き継ぐが、繰り返しの日々に退屈を感じ始める。

桃太郎は、法律で禁止された秘密の媚薬「きびだんご」を使って、パチンコ屋で会ったギャンブル依存症の犬、総合病院で会った躁うつ病の猿、ショーパブで大人気だった過去を持つアルコール中毒のきじなどを次々仲間にしていく。

仲間も増え盛り上がっているところへ、きびだんごGメンが現れる。

きびだんごGメンは桃の刻印から、桃太郎が自分の過去と深いかかわりのある人物であることに気づき、摘発を諦め、桃太郎たちを更生施設へと導く。

更生施設できびだんご依存症を克服し、それぞれの心の鬼を退治した桃太郎たちは、「キャバレー桃太郎」を作り、新しい人生を踏み出す。

 

<劇中歌>

1.おとぎのてほどきのテーマ/高橋絵実・猪股桃絵・蓮理・影野わかば  作詞:蓮理・作曲:センチメンタル岡田

2.地下街の薔薇/猪股桃絵  作詞・作曲:猪股桃絵

3.無一文/影野わかば  作詞・作曲:影野わかば

4.躁鬱だけど/センチメンタル岡田   作詞・作曲:センチメンタル岡田

5.星の流れに/高橋絵実  作詞:清水みのる・作曲:利根一郎

6.Tequila!&Kibidango!/全員

7.教えの夜/蓮理  作詞・作曲:蓮理

8.夢の中へ/全員  作詞・作曲:井上陽水

 

<パンフレット>

20170201おとぎパンフレット

 

<動画>

 

<劇画 by センチメンタル岡田>

①表紙

①表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

②おばあさんは寺で桃を拾う

②おばあさんは寺で桃を拾う

③桃から艶めかしい女の子が生まれる

③桃から艶めかしい女の子が生まれる

④パチンコで出会った桃太郎とギャンブル依存の犬

④パチンコで出会った桃太郎とギャンブル依存の犬

⑤総合病院で出会った桃太郎と躁うつ病の猿

⑤総合病院で出会った桃太郎と躁うつ病の猿

⑥飲みに来たアルコール依存症のきじも仲間になる

⑥飲みに来たアルコール依存症のきじも仲間になる

⑦きびだんごGメンの悲しい過去

⑦きびだんごGメンの悲しい過去

⑧桃太郎・犬・猿・きじは更生施設へ

⑧桃太郎・犬・猿・きじは更生施設へ

⑨人生の再出発!キャバレー桃太郎開店!

⑨人生の再出発!キャバレー桃太郎開店!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<写真>

※お腰につけたきびだんご

※お腰につけたきびだんご

桃絵作「キャバレー桃太郎」看板

桃絵作「キャバレー桃太郎」看板

IMG_7704 IMG_7712 IMG_7722 IMG_7723IMG_7719 IMG_7710

ライブ&トーク: Black songs vs White songs

 

1. トーク: それぞれの依存について

2. ライブ: Black songs

蓮理 「ほっといて」

センチメンタル岡田 「サマーソングセカンドシーズン」

影野わかば 「紳士」

猪股桃絵 「悲劇のヒロイン」

高橋絵実 「恋のロシアンカフェ」

3. 豆まき&告知タイム

4. ライブ: White songs

蓮理 「独白」(ギター: 影野わかば)

センチメンタル岡田 「Sociology」

影野わかば 「鱗」

猪股桃絵 「ショーガールになれない」

高橋絵実 「貴方とならば」

全員 「エノケンの月光価千金」

 

<写真>

IMG_7714 IMG_7715 IMG_7720 IMG_7721